「穏やか」が湛える「強靭」
日賀野兼一さんがテンペラ画展

福岡文化連盟会員の日賀野兼一さん=福岡県飯塚市在住=が個展を開いている。福岡市・天神、大丸福岡天神店6階アートギャラリーで21日まで。
日賀野さんは茨城県水戸市の出身。工業デザーナーになりたかったが、美大受験の予備校で最初に石膏デッサンを習った。
 「アグリッパにラボルト。たくさん描きましたねえ」
石膏デッサン不要論がかまびすしい現代の美術界だが、日賀野さんはそこからファイン・アートに心を開かれていった。テンペラ画との出会いは九州産業大学2年のころ。フランス、イタリアを旅し美術館で見たボッチチェリなどの絵に震えるような感動を覚えた。
 「五百年も前の絵が傷みもせず美しい色彩に輝いていました。自分はこれに賭けようと思いました」
 日賀野さんの画面は一般のテンペラのようなツルツルした質感ではない。独自の技法を求めて模索し、キャンバスに白の油絵具で地塗りした上からテンペラで描くという手法をあみ出した。それがザラザラとした砂の上に描いたような質感を与えている。
 光化学スモッグに汚れた東京の空を飛行機から見て「こんな世の中はどうにかしなければならない」と感じた日賀野さんは、黒い煙を吐く工場の煙突を描いて工業社会を批判した。だが反応は厳しかった。
 「こんな汚い絵は見たくないと言われてしまいました」
 発想を逆転させ、未来に残すべきもの、美しいものを描くようになった。今回個展に出品した「桜の華」「ベネチアの光彩」「浜辺からの音色」といった作品群は一見バラバラのようだが「次代に残したいもの」という点で繋がっている。
画家の個性といえば何を描くかが全てであると考えがちだが日賀野さんの場合は違う。深みのある穏やかなマチエルと鮮やかな色彩がそのまま「何を描きたいのか」に重なる。その意味で、淡く儚いように見える画面は実は強靭なのである。穏やかなのに強靭――。形容矛盾のようだが、それがこの画家の個性なのである。(井)

第43回九州芸術祭文学賞佳作に宮崎の曾原さん!

(財)九州文化協会主催の九州芸術祭文学賞において
宮崎市の蘇原紀子さんに佳作

第43回九州芸術祭文学賞((財)九州文化協会主催)の最終選考結果が1月22日(金)発表され、宮崎市清武町の小学校教諭、曽原紀子さん(50)の「青いうぶ声」が佳作に選ばれた。

最優秀作は該当なし。表彰式は3月18日、宮崎市の宮崎観光ホテルであり、作品は「文学界」4月号に掲載される予定。

応募総数は250編。九州・沖縄8県と3政令都市から選ばれた地区優秀作11編から最終選考された。

「青いうぶ声」は過疎化が進む離島が舞台。助産師として働き遠してきた90歳の女性がかつての記憶をたどり、今現在の問題とも向き合いながら“生”の意味を考えていく。「命のつながりを書く気構えに好感を覚える」(秋山氏)など命を取り上げる主人公に不妊の孫娘を絡め、心地よく読んでもらおうと意識している創作態度が評価された。

表彰式は3月18日(月)午後1時から、宮崎市の宮崎観光ホテル(宮崎市松山1-1-1)で行われる。

 

「文芸福岡」創刊

平成24年11月3日創刊

購入希望者は事務局又は以下の書店にて販売中!

700円/冊

・ジュンク堂 福岡店
・福岡金文堂 本店(新天町)
・丸善 博多店(JR博多シティ8F)
・紀伊国屋書店 福岡(博多バスターミナル6F)

 

 

福岡の文芸界に新風を

「文芸福岡」が創刊

福岡文化連盟の総合文芸誌「文芸福岡」が11月3日、創刊した。詩、短歌、俳句、川柳、五行歌、エッセイ、評論、小説の8ジャンルで、文芸(第7部会)を中心に79人の会員の作品を掲載している。

巻頭、多田昭重理事長が一文を寄せ、「会員の交流を促進し、創造意欲を高め、福岡の文芸界に新しい刺激を送り出してほしい」と、文連文芸誌の門出を祝った。

「文芸福岡」は今後、毎年1回の発行を予定している。

A5判、全210㌻。700円(税込み)。

◇    ◇

「文芸福岡」は残部があります。事務局のほか上記書店で販売中。